“ピアノと飛行機” 旅行好きな音楽愛好家のブログ

ピアノ作曲家による音楽・旅行ブログです。音楽業界や航空業界を独自の観点から分析したコラムを初め、外貨や燃油サーチャージの動向を見据えたお得な海外旅行を実現する為の情報を提供しています。トラベルjp<たびねす>への寄稿も始めましたので、合わせてご覧下さい。

カテゴリ:燃油サーチャージ

2ヶ月に一度更新される燃油サーチャージ。国際線の航空運賃に付加される諸税のひとつで、ジェット燃料の基となる石油成分「シンガポールケロシン」の価格と米ドルの為替レートによって、その金額が決定されるのですが、原油高の局面では航空運賃よりも高額となる場合 ...

本日4月1日より、JALをはじめ多くの航空会社で燃油サーチャージが廃止となっています。 一時期は欧州往復で6万円も取られていたサーチャージですが、原油下落の恩恵によって遂に廃止となりました。   これまで当たり前に毟り取られていたサーチャージです ...

JALやANAにおける、来月4月1日からの燃油サーチャージ廃止が決まってから1ヶ月程経ちました。海外旅行へ頻繁に行かれる方の中には、来月からの集中発券に向けた準備を進めている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 昨年より長らく続いていた原油価格の下 ...

JALよりプレスリリースが発表され、4月以降の燃油サーチャージが廃止になる事が決定致しました。  先日の記事で、今年1月までのシンガポール・ケロシン価格の推移から、4月以降発券に課される燃油サーチャージを予測していましたが、予測通り廃止が決まってホ ...

先週末は、ついに日銀の「追加金融緩和(黒田バズーカ第3弾)」が行われましたね。 そんな「外貨」の価格急騰が懸念される傍ら、原油価格は順調に下落を続けており、海外旅行を計画する者にとっては良いニュースと悪いニュースが重なり合う、何とも複雑な心境です。  ...

本日12/1発券より、各航空会社の燃油サーチャージが変更となりました。 これまでの「ゾーンC」から「ゾーンB」へと変わり、これまで21,000円かかっていた欧州往復にかかる燃油サーチャージの額は14,000円へと値下がりしました。 値下げは喜ばしい事ですが、ご承知の通 ...

↑このページのトップヘ